初めてのmac!macでできること・できないこと【Mac歴23年】

公開日: 

新学期になるとパソコンを新たに買う人が増えますよね。

新しくパソコンを買うんだけど、カッコいいからMacが欲しい。

学校から案内されてるパソコンの中にMacがある。

でもWindowsとMacってどっちが良いの?

macでできること・できないことって?

今日はMacについてMac歴23年の私が
体験を元に書いてみます。

     

初めてのmac!macでできること・できないこととは?

新学期になるとパソコンを新たに買う人が増えますよね。

大学なんかだとオススメパソコンみたいな案内がありますが、
本当にこのスペックでいいの?

この値段で買うって得なの?損なの?
って思う人も多いみたいです。

また、学生に良く売れているのが、

Microsoft Surface4Pro

Apple MacBook

だそうですが、これを機に気になっていたMacを買ってみたいな〜
と思う人も多いんだとか。

でもMacのシェア率はWindowsに比べてとても低く、
今までWindowsは使ったことはあるけれど、
Macは使ったことがないから、自分に使えるのか不安。

機能的にもMacで良いのか?よくわからない、

という声も多いです。

私はMac歴23年で、仕事柄MacもWidowsもどちらも使っていますが、
MacとWindouwってどう違うんでしょうか?

とか、

Mac使って出来ないこととか多いんじゃないの?

とかよく言われたり、質問されたりします。

そこでMacもWindowsもどちらも使っている私が感じた
MacとWindowsの違いを述べてみたいと思います。

Macというと画像編集、動画編集に強く、
出版業やデザイン業で多く使われているというイメージがありますよね。

たしかにパソコン自体もおしゃれで、性能も高いので、
Macが好き!っていう圧倒的なファンも多いです。

私もMacが好きでMacを23年間使ってきていますが、
やはりメリット・デメリットはあります。

私が思うMacのメリット・デメリットを上げてみましょう。

【Macのメリット】

フォントがキレイ

Macはフォント(文字)がとてもキレイです。

Windowsにもきれいなフォントはありますが、
どこか事務的な感じがするので好きではない、という声も。

私もMacのフォントが好きです。

トラックパッドが使いやすい

ノートパソコンについているトラックパッド。

Macの場合、これがとても使いやすくて、
指の本数とかなぞり方で、色々なジェスチャーを取ることが出来ます。

引用:Youtube 伊沢剛さん

iPhoneとの連携が使い勝手良い

使っているスマホがiPhoneだったらMacで統一すると連携が簡単にできて
使い勝手が良いです。

Windowsも使える

基本、Mac用のソフトはMacで、
Windows用のソフトはWindowsでしか動かすことは出来ません。

ですが、最近のMacではWindowsを起動することができるので
基本はMacで、でもどうしてもWindowsじゃないとダメ!
って時に切り替えて使えるのが便利です。

別にインストール用のWindowsのOSは必要になってきますが、
1台でMacもWindowsも使えるっていうのが良いですよね?

ちなみに無料の『Bootcamp』というソフトから
Windowsがインストール出来ますが、
Bootcampだと一旦Macを終了してWindowsで再起動する必要があり
結構地味に面倒。

私はMac上から簡単にWindowsを起動できる『ParallelsDesktop』
というソフトでWindowsを使っています。

再起動することなく簡単にWindowsが起動できて使いやすいですよ^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ParallelsDesktop12 forMac RB JP (通常)
価格:7793円(税込、送料無料) (2017/3/13時点)

バッテリーの持ちが良い・軽い

とにかくMacのノートは軽くてバッテリーの持ちが良いです。

充電時間も早いですし、バッテリーはほぼ1日持つので
外に持っていくという人にはオススメ。

とにかく動作が軽快

Macはとにかく動作が軽快で、キビキビしています。

前はレインボーカーソルがクルクル回って止まる、
ってことが多かったんですが、最近ではほとんどありません。

またマシン自体がフリーズするということも
ほとんどありません。

操作も直感的にできるので、Macに慣れてしまえば使い勝手が良いですよ。

【Macのデメリット】

文字化けする事がある

MacとWindowsは根幹から違うので、
メールも文字が文字化けして読めなかったり、
といったことが起こることがあります。

まあ文字化けしない方法があるので、
そういう対策を取ればそんなに心配する事はありません。

操作性が違う

まあ当たり前といっちゃ当たり前なんですが、
操作性が違うので、慣れないうちは戸惑うことも多いかも。

例を上げれば、Windowsはソフト上部にある☓マークを
クリックすればソフトは終了しますが、
Macでは画面上から消えたように見えるだけで終了はしておらず
起動し続けている状態になります。

Macの場合はちゃんとそのソフトを正しい手順で終了する必要があります。

まあこれも慣れてしまえば特に難しいことではありません。

どうしても使えないソフトはある

やはりMacではどうしても動かないソフトはたくさんあります。

WordやExcelなどはMac用がありますし、
無料の「LibreOffice」などもあるので、
そこまで心配はいりませんが、
Windowsでは有名なソフトでもMacでは使えない、
といったものはたくさんあります。

先ほど言ったように、Mac上でWindowsを起動する
Bootcampなどの方法があるので、いざという時はそれを使って
とできる人は良いですが、Macでは使えないWindowsシフトを
たくさん使うって人は、Windowsの方を選んだほうがストレスは少ないかも?

基本的に今はMacでもWindowsでもそこまで変わらずに
何でもできるようにはなってきていますが、
やはりWindowsでしか動かないソフトも多いです。

まとめ

確かにMacはかっこよくて、軽くて性能もいいですが、
自分の使い方に合わないと「宝の持ち腐れ」というか、
ストレスが溜まってしまいます。

自分がパソコンでしたいことは何なのか?

自分が頻繁に使うソフトはMacとWindowsのどちらが多いのか?

をよく考えて、自分の使用方法に適したパソコンを選びましょう。

MacもWindowsもそれぞれいい持ち味のある、
とても良いパソコンです。

自分の使いやすいパソコンを手に入れたいものですね。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑